忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kick it.
今年春にリリースしたEyeWear-BrandのErosです。
今回は、半年振りに新型を4型リリースしましたので、
その報告と、画像をUPします。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このブランドは、
アセチのパターンや、メタルの色を生花からイメージして
作成しています。
今回は、その2ndのイメージとフレームを紹介します。






EE22906
モチーフはロータス(蓮)です。
いろんな花を探しているときに、開発当時のプロダクトマネージャーが
買ってきてくれて一目惚れ→即撮影 でした。
一見、ピンクの花なんですが、紫や黄色など様々な色が混ざっていて
その神々しさはなるほどね、という印象でした。
フレームの色はそのピンクや紫の微妙な色合いを表現して、
前後で使い分けてみました。




EE22907
モチーフはダリアです。
力強い赤いダリアは威厳という意味がありそのとおりの色と形を
しています。このモデルは全てチタンですが、それぞれフロントと
テンプルを色分けして、花びらの赤をフロントに、折り重なって
出来上がるダークグレーをテンプルに表現してみました。




EE22909
モチーフはガーベラです。
こちらはフロント(前枠)にアセチ、
テンプル(腕)にチタンを使用したコンビネーションタイプの
ガーベラもすごく種類が
多い花ですが、今回は、花びらが多く、菊科ならではのイメージの
モデルを選びました。一見、赤い花ですが、裏から見るとピンクの
淡い色合いが綺麗なところがポイントです。フロントの生地も
同じように、赤い部分と淡いピンクが混ざり合うような生地を
使って表現してみました。





EE22910 とEE22911
モチーフはガンソクです。
ガンソクという生け花に使われることが多いシダ科の植物です。
光があたると独特の陰影を作り出してとても綺麗な植物でしたので、
モチーフに使ってみました。
選んだアセチはそれぞれ、コントラストの強いブラウンです。
2型とも、ボリュームのあるデザインで、かけたときのインパクトは
大です。お試し下さい☆



PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
シンポッ

凄くイィじゃない?
これからが楽しみですねw
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析