忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Pont-Aven
続いて、ポンタヴェンという村。
ここは、ゴーギャンがタヒチに
行く前に10年くらい住んでいたので
芸術の村、と言われています。
んー、と言ってもあまり、
ゴーギャンに直結するものが…。
売り絵のギャラリーは軒を連ねますが
彼の息吹を感じる何かは少ないです。
まー、タヒチの女っつー位なので
ゴーギャンが開花する前。
リーマンしながらの画家か、
作家一筋で飯を食うかの
葛藤の地、だったかもしれません。

その村から車で10分程、
山を登って行くと、
『黄色いキリストの教会』があります。
例外なくここもひとけゼロ(笑)。

しかし、緑の大地と樹木に囲まれた
平原にポツリとあるこの教会の方が
よっぽどゴーギャンの霊気を感じます。
見てください、
この黄色いキリストの顔(笑)。


あーた、もうちょっと真剣に
描きなさいよ、と言いたいとこですが…

ここに掛かっているキリスト
(写真 左手)とそっくり☆


賛美歌無し。
パイプオルガン無し。
ステンドグラスも電気も無し。
感じられるのは、
差し込む光と、開いた扉の外で
聞こえる風の音だけ。

訴えかけられる、何かを感じました。

PR
Quimper
続いて向かったのはカンペール。
途中立ち寄ったのはこの教会、
ノートルダム・ド・ボンヌ・ヌーベル教会。


ひっそりと、小高い丘の上に佇む小さな教会です。
運が悪いとそのまま気が付かず通り過ぎてしまいそうなくらいのインパクト。

観光客はゼロ。妙に気持ちが落ち着く感じでした。
音も時間も、そしてヒトも居ない素敵な教会でした。



その後、到着したのはロクロナンと言う村。

ここは1000年程前に出来た村だそうですが
当時の面影をそのまま遺し、
今ではフランスで最も美しい村のひとつとして数えられるそうです。
それもそのはず、ここでも時が止まっていました。

すごく小さな村ですが活気があって、人々は温かく気持ちが和む村でした。
Saint-Malo

フランス、ブルターニュ地方への
旅にでました。まずはここ。
サン・マロ。貿易での主な港としても
栄えたこの場所はかつて、
コルセールが使っていた港。
ご覧の通り、海を取り囲む四方八方
未だにその当時の石の壁が遺ります。


中に一歩踏み込むとタイムスリップした様な気持ちになります。
全くの別世界。
城壁で囲まれた石畳と街。
構築される全ては石。
通りによって、そして時間によって
陽のあたる場所とそうじゃない場所ができて、歩いているだけで
コントラストの連続です。

路地の突き当りには
時折こんな素敵な景色も。

海岸はこんな感じ。
オフシーズンなので人はおらず。

驚いたのはこの1時間後。

潮の満ち引きの落差が激しい!
これ、知らない人は
さらわれてまうな…。

そして、夜には
月明かりでこんな風にも見えます。

激しさと静けさを湛えるサン・マロ。
ここ、いい所です。

菜の花畑
菜の花って今の季節なんですね。
綺麗に咲いていました。
エッフェル塔と虹
素敵なような気が、、、。

アッと驚いた窓からの景色。
素敵だな!っとも感じましたが
天気良くないな。微妙。(笑)




テキサスの朝焼けと夕焼け
自分の憧れる生き方をする
人生の先輩がテキサスにいます。
その方から、便りが届きました。
なかなか元気がでないままで
いた自分のこころが
洗われた思いがしまた。
テキサスの朝焼けと夕焼け。


テキサスはこうだぞ、と。
来いよ、と。
そんな場所が在る自分は
トコトン幸せだな、と思います。
明日から、まだ緊張感の続く
イタリアへの出張が始まります。
頑張ってきます。





シャルトル大聖堂

本日、パリから40km程離れているシャルトル大聖堂に行って参りました。

これが有名なシャルトルブルー。

なかなか綺麗ですよねー。
しかし、KAzの興味はこちら。

ここまでデカイ十字架は初めてみました。ドキッとするほどの迫力。
その他に、フランス最古の時計と言われているのがこちら。

秒針は無いそうです。
ちなみに何時だかもわかりませんが。。。

大聖堂の一番奥に位置する石像。
聖堂の中の石像にしてはえらく動きと迫力があり、全く古さを感じさせません。


この彫刻も圧巻です。
人の付き合いで行かされた(笑)大聖堂、ナメてましたがなかなかスゴイところでした。








パリのスウィーツ
歯が溶けそうなパリのスウィーツ。

色合いはとてもいいね。







カンカル
モンサンミッシェルから約40km,
牡蠣や魚介類で有名なカンカルという町にやって来ました。

何が凄いって牡蠣が、安い!!!

12個で、なんと6ユーロ。
今晩は、家に帰ってから
牡蠣飯を作りまーす!!!



謹賀新年
明けましておめでとうございます。
元旦、モンサンミッシェルは
やっと晴れてきました。

とにかく風が強い。
昔、ここを礼拝に訪れる人々は
橋もない上、環境が厳しい為、
なかなか苦労したそうな。
そう聞くと、ますます神々しく感じられます。




カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析