忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モンサンミシェル

また一点
モンサンミシェルを描きました。
音がない風景だったので
それが伝わればいいなぁ、と。

カモメ。
PR
四十九日
一応、本日が故くるの四十九日。

動物にもそれがあると思うとなんだか
心が暖まります。
実は、彼が亡くなったあと、リビングで
頭をぶつけて歩く音を何度も聞いたりと、
いつもそばにいる感じがしていました。
以前、このブログでも書いたよう、この家の
異変にはあまり動じなくなっており(笑)
特に、くるの霊?気配?はなんだか
微笑ましくさえ思いました。

それも、今日、
四十九日で一旦はこの世といよいよのおさらば。
今回、共同埋葬される女の子の柴犬ちゃんと
今頃、イチャイチャしているのかもしれません。

あまり、亡くなった動物の事を語ったり
思い出したりすると、あの世に行けず...と
指摘も受けたりしましたが、
それでもまぁ、いいかな(笑)とも。
そのうち、自分で死んでる事に気が付いて
自分であの世にいくタイミングを決めると
思います。

死んでるのにそばにいる感じ、
今は、そんな不思議な感じではありますが
それはそれでありかな、と思いまーす☆

御心配、お心遣いを賜りました皆様、
ありがとうございます。もう大丈夫です!

カルナック遺跡
来てしまいました。
こんな所まで来てしまいました。
ストーンヘンジに次ぐ
世界の不思議スポットのひとつ、
『カルナック遺跡!!!』。

ワクワクします。
そして少しだけドキドキします。
何故ならそれは未だに
解明されきっていない遺跡だから。
何の為に? 誰が?
謎は深まるばかり。
こう言うのいいねぇ!
ま、好きなわりには詳しくないのですが(笑)…
紀元前3000_5000年ほど前に
作られたもので、その目的は不明。
自分の好きな説は精霊が作った、というもの。その他にも、巨人が作った、魔女がアイルランドから持ってきたとか、色々あります。
上記に記した知識、テンションで
赴くとその神秘的空気に圧倒されるはずです。
石と顔が似ています(アハハハ)。


興味のある人は(気になる人)は
調べてみて下さい。
21世紀の科学によって解明されつつ
点も出てきているようです。
個人的には、
『そんなん、分析すんなや』と
思ってしまいます。
結果は結果で謎は残るのですが。


あー、こう言うの面白い。
『遺跡眼鏡!』。
作るか…。











ブログ書き込み欄不具合について(お詫び)
この数ヶ月、コメント欄への
不具合について対応が
遅れました事、
深くお詫び申し上げます。
管理者側としてはなかなか
気が付かず皆様には多大な
ご迷惑をお掛けいたしました。
今回それら問題が解消された
ご報告とこれまでのよう
コメント欄での
温かいお言葉を賜りますよう
重ねてご挨拶申し上げます。
KAz
ビール!
ハハハ!
ビールです。

遂に70kgに到達!祝-10kg!
今日は、食事はしてませんが
ささやかなお祝いとして
ビールです!あーうまい!


アトは、このままキープが問題!(笑)



祝!-7kgおめでとう!
と言う事で、本当の目標にあと
3kg足りないのにも関わらず
勝手に減量のお祝いをしました!

前回食べたのいつ?!と思える肉!
久しぶりの食べる物体という感じ。
お肉様。こんばんわ。

タップリのバターとニンニク、
そしてチョット良い感じの
赤ワインで作りました。
当然、上げる時にはバターも含め
油分は全て捨て、残ったニンニクを
具材として、キッチンペーパーに
残して飾り付けます。

何で食べるか?!
当然、ニンニク醤油です。
醤油は少量のバターを混ぜた
焦がし醤油で、そのまま下ろした
ニンニクを入れて1時間。
まろやかなニンニク醤油の完成。
目安は少しだけ、
トロミが出てくる頃。
それで最後は、、、

いつもの如く山盛りサラダ。
今日は、レモン、酢、醤油、味醂、
そして、塩コショウのシンプル
和風味。
まぁ、これでバランスが取れて
いるのかはサッパりわかりませんが
今夜は、これで良しとしましょう!
明日は久々のスパーリング。
どれだけ動けるか、かなり楽しみ。
そして、来週はキチンと、あと
3kg,落とさないと。です。
決めた事なので☆頑張ります!






カタコンブ
本日は、チョイと方向性の
違う行き先のご紹介。
怖いのグロいのが苦手な方は
ここでご遠慮を。


以前から気になっていた場所へ
遂に足を踏み入れました。
カタコンブ。
昔、墓地の場所が不足したので
そこに安置されていた約600万人分の
遺骨を地下墓地に移したそうな。
その距離、2キロ弱。
駅で言うと次の街までの面積の
全てが遺骨で埋め尽くされている、
と言う事になります。
これまで友人や知り合いがここ、
パリを訪ねてくれましたが、
まぁ、誰も一緒に来るわけが
無いのでその機会を
逃して来ましたがいよいよ到来デス。

入り口です。
なかなか重々しい空気に包まれてます。

中へ入ると直ぐに地下へ続く
螺旋階段が、、、。
これが結構深い。螺旋状の狭い
階段を降りているだけで目が回り
そうでしたが、着いたらすぐに
ひんやりとした空気に包まれた洞窟。
この距離が意外と長く、1キロ以上
あるそうな。
時々、前後に人がいなくなり
瞬間的に、道、間違ってないよな?
と、思いながら、とにかく前進。
すると、突然現れたその入り口。

おびただしい数の人骨。
それがまたキレイに並んでるから
一瞬、普通の壁にも見えちゃう。
この写真、このライティングが
一番キレイに撮れたんじゃ?
と思います。

これもなかなか。

この写真は、なんだか感じる。。

キチンと安らかに眠れて
いれるように、だな、これは。

これは、いったい
どういう亡くなり方をしたのかね。

これもね。

その昔、

今じや考えれない人生の
終焉を迎えた人がたくさんいる、
そんな事を感じました。
今の世の中は、また別の
恐ろしさがありますが。

このカタコンブについて、
モラルや価値観で語っている
サイトやブログを見つけたので
そういうコメントはあえて
控えます。
自分の素直な感想でいえば、
訴えかける威力はスゴイ。
これが人間か、
と言う、印象でした。
何よりもたくさんの意味を持つ、
何よりもこちらに向かって
肉薄してくる、
モチーフで例えればそんな感じです。

んー、自分の中ではまだ
生きたまま、捉えてるのかも
しれません。


どこかに
『一人では行かないでください!』
なんて書いてたけど、
ホントそうかもね。


気持ちを鎮めに行ったけど
そういうところじゃないな、
ここは。







頂上へ
と、言う亊で中腹での
休憩も終わり。いざ、頂上へ。
凄まじい速さのエレベーターで。

表示、高度は信じられない数日を
表しています。若干頭がふらつく。
これが高山病?

か、な、り、寒いです。
動物が生きて行けない所まで
きました。
ここまで来ると運命共同体。
人種の壁が無くなり皆が
お互いを撮りあう
優しい瞬間でした。
KAzの亊も撮ってくれる人が
いました。
金属

今日は、いよいよ船便が届く日。
地下にある倉庫にも、色々入れなくちゃいけないので掃除をしました。ところが、このコンクリートだらけのフロアー。センサーで照明が反応するタイプ。案の定、暗くなった時に、壁からつきでている金属のステーで頭をパックリ。目じゃなくてよかったです。って言うことより、日本だったら怒られるよな、この建築の適当さ、、、笑笑笑
今日のトンキ。
[つづきはこちら]
カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析