忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フランス②
 
Trocadéro
ほにゃらら という映画の舞台にもなったトロカデロ広場。
つるんつるんの石畳のこの広場は、雨が降ると、そこが鏡のように
エッフェル塔を映し出します。自分は、ここから見る夜中のエッフェル塔が
一番好きでした。
実は、この作品に使っているのは、窓枠。
今回のフランスの作品の大半は、
現地のブロカントで仕入れた古い額縁が多いのですが、

この窓枠は、自分が一目ぼれして購入したもの。
(額縁ではありません 笑)

特に、この鍵穴と、この絵には深い関係があるのですが、内緒です。 笑

Alignements de Carnac
紀元前に巨人が作ったと言われるカルナック遺跡。
諸説はいろいろありますが、実際のところは、未だ解明されてないそうです。
自分は巨人説に一票!

Mont-Saint-Michel et sa baie
真冬に行った時のモンサンミッシェル。
頭が痛くなるほど、寒かったのですが、早朝には空がピンクに染まって
めちゃくちゃキレイだったのでよし! 笑
昔は監獄としても使われてたそう・・・おそろし。
PR
フランス①
これまでもいくつか、紹介してきたので、
重複してしまうかもしれませんが、何卒ご容赦を。

Catacombes de Paris
イタリア語ではカタコンベ。
以前、このページでも紹介したパリの街の地下にある墓地。
恐ろしいくらいの人骨が並べられてるこの場所は、めっちゃ寒い。
なんでも、600万人が納骨されてるのだそう。
 
Étretat
モネやセザンヌも描いたエトルタ。
自分は違う角度で、違うエトルタを表現したく遠景にしました。
今回の個展では、いくつかの角度で、このエトルタの海岸を描いています。

Saint-Malo
ここは、昔、コルセールと呼ばれる海賊の拠点になっていた海。
天気のいい昼間は、さわやかな海なのですが、天気が崩れた時や
夜になると、その真逆で、恐ろしい海に変わります。
とにかく風が強くて、海水が混じった風は前も見えにくて痛い!(笑)
でもそのぼやけた景色がなんとも幻想的なのでした。
第六回 鴻恩展
御無沙汰しております。
いろいろご心配をおかけしてすみません。
12月4日~11日まで、福井市美術館にて個展を開催する事になりました。
ここしばらくは、その製作や準備の最終調整に入り、しばらく御無沙汰してしまいました。
御心配頂いた皆様には御礼とお詫びを申し上げます。
この後、今回出展する作品のいくつかをUPしていきたいと思います。

今回は、おかげさまで第六回目の個展です。
何卒、宜しくお願い致します☆
ホームページ
遅れ馳せながら、作品のホームページを作りました。
http://katakahajapan.wix.com/mysite
普段、EROSを応援して下さっている皆様には、
作品の経過までご覧頂いているくらいなので
改めて発表するほどの事でもないのですが、
この夏、ヘルシンキの美術展に作品を出展する事になり、
その際、何かしら、発信する拠点があった方が
望ましい、との事で、今回、簡単ではありますが
作製してみました。
よろしければ、皆様、ご覧ください。
KAz
モンサンミシェル

先日の朝方と、夕焼けの
モンサンミシェルも完成しました。
今年はまだまだ描きたいものがあります。
頑張らないと。
個展
五年ぶりに個展をすることが決まりました。
(少し前に決まっていました)

開催は2016年12月4日~の一週間。
福井市立美術館にて。

と、決まったは良いけど、本当に描けるの?!
そんな不安がありました(笑)が、
今のところ、順調です。

今回は額のほとんどが
パリのブロカントで仕入れた現地のフレーム。

これは、古い窓枠に入れたもの。
最初から額縁も、モチーフ(エッフェル塔)も
決めて描き始めたもので、新しい試みですが
なかなか面白いです。


これは途中のモンサンミッシェル。


サクレクールも完成。


当然、日本海も描いています!笑

最近は絵を描くモードに突入しています。

完成!

完成!!!

だと、今は思ってます。(笑)
昨日は飲みに出て家に帰ったら
バタンキュー(古い?!)。

今朝は四時から製作。
手前の木を描き込んで、現在(今)は
まぁ、こんなもんかな、と思っています。

来週は盆休み。
休み前に完成して少しホッとしました。



セーヌ川に浮かぶ船とその背後のオルセー美術館に手を入れました。
同時に全体的にピンクと紫の色調を加えました。
アントワープの光と色
芸術や音楽に溢れている
アントワープには、パリとは
少しだけ違う空気感があります。

ある場所では様々な色彩となり響く音楽。

少し路地に入ると
え?同じ町?と疑いたくなるくらいの静寂と神々しい空気が漂う教会。
(安全かどうかは個人判断です(笑)

場所にもよりますが
建物が平均して低い事とパリ程
密集していないので遠くも見えます。運が良ければこんな朝焼けも。

とにかく日差しが強い!


アムステルダムもここ、
アントワープも人が皆良く、
笑顔と会話にあふれる街でした。

二度目のエトルタ
三年前に来たエトルタという場所。
フランスに来たばかりの時にこの場所の作品を描きましたが、何か、手応えのようなものが欠けていました。
仕上げる事?に焦っていたというか描く事だけに駆られて完成した作品で、何かが残ってしました。


今回、もう一度、来てみました。
目的はモネとは違うエトルタを描く為。張り合う事なんて出来るわけありませんがかつての巨匠とは違う色、違う角度、そして自分だけが出来る感情の表現をしたいと。

ちょっと気合が入ります。
越前海岸にならないようにせなあかん、です。

明日もスケッチと撮影を続けます。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析