忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金色の崖
エトルタという海に出掛けました。

先週から頭が変になりそうな
勢いでデザインを続けて来ましたが
未だに終わらず、PC持参の一泊旅行。
でも本当に、行ってよかった。
最近、制作に対しての気持ちが
なかなか動かなかったのですが
この海を見て一気に意識が
制作の為のそれになって来ました。
頭が制作の為の欲求に向かないのは
仕事のせいにしてましたが
この風景を見ると、単に
そのモチーフに出会って
いなかったから、
そう思い直さなくていけない
ようです。
雲の合間の光に照らされて
一瞬だけ金色に輝くこの島。
いいかも。




と、言いながら今夜はまだ
徹夜で仕事ですが.....(笑)
PR
コレクション
またひとつ、
誰にも羨ましがられない
KAzのコレクションがひとつ、
増えました、、、、、、。

象の頭部の木像です。
剥製のようなコンセプトも
感じるし、角度 によっては
空中に浮いたようにも見えます。
絵を描いたり、彫刻をするひとは
御存じと思いますが様々な
角度で観察したり、触ったりと
五感全てを使って表現に使います。

この絶妙なプロポーションは、
相当に研究されつくされたに
違いありません。
鼻と、頭部の比率、
耳に浮き上がる血管など。
象と生活を共にしていたかも?!
と思うくらいの存在感でした。

なんで?!と聞かれると
困りますが、この象、
イボワールから連れて帰りました。
ランタン
今回の旅で出会ったのは
このランタン。

木製のこのランタンは、
いかにもゴミ箱から拾ってきた
ような風合い。かなり渋い光を
放っております!!
おまけはこちら。

小さいながらも存在感は抜群。
家に着いてからさっそく
キャンドルに火を灯しました。
美食の町
最終に立ち寄ったのは、
美食の町、リヨン。
ケルトによって栄えたこの町は、
ローマ人によってさらなる進化を
遂げ、今では食で栄える美しい
姿になりました。
.
そして、これは
サンジャン大司教?教会。
光と影のコントラストが
激しくも美しいです。

こちらがその内側です。
トンキチと一緒だったので
教会のわりには、あっという間に
追い出されました。(笑)
部屋の中

一歩中に入ると異空間と
言った印象。まだ残る日射しが
窓の模様から溢れていました。
星空みたいでめちゃかわいい。
狙った?のかどうかは不明ですが
夜中には、この光が天井まで
差し込んでプラネタリウムの
ようでした。
ここらの人が暮らすイメージが
出来ました。
なにより気に入ったのは、、、

洞穴みたいなロフト。
狭いけど、こんな家も
いいかも知れませんね。
アヌシー
イボワールから更に南下150km.

有名なのはこの風景。
右手に見えるのはかつての牢獄。
そう見ると怖い感じもしますが
素直に見ると笑顔に溢れる
素敵な町です。
ホテルは、、、
玄関のマットの下に
鍵があるから、、、と
メールで来たきり、何の連絡も
とれないここ、、、。

雰囲気は、相当ヤバイ感じ。

ここが、どうもKAzの部屋らしい。
花の町
フランスとスイスに
またがるレマン湖。
そのほとりにある、
ちいさな花の町『イボワール』。


シャモニー
ボーヌから
更に南下すること300km。
到着したのはフランスとスイスの
国境、シャモニー。

そこにそびえるのは、
言わずと知れた白い山、
モンブラン。
周辺までの風景は、まるで日本。
長野?群馬?山はどこも一緒、
だなんて、思いましたが
さすがモンブラン高さと言うか、
威圧感が全く違います。

明日は、登ってみようと思います。
真夏でも氷点下、信じがたいけど
この眼で確かめたいと思います。
ちなみに、KAzはこれまでほとんど
遠景は描いてきませんでした。
描けるかな、、、。
ショートバケーション
フランスに来てから初めての
連休をとってみました。
家で酒を飲んで無駄寝・無駄食いが
最高の休み方と信じてやまやない
KAzですが、今回は珍しく
作品のモチーフ探しを兼ねて
出かける亊に。
パリから約300kmのところにある小さな町、ボーヌ。古い町並みを
色彩を称えながら描くイメージが
出来上がります。

この町のマルシェも大賑わい。

フェミニンですが、徹底した
イメージの統一化を図っている
店を発見。KAzの趣味では
ありませんが、その徹底っぷりは
お見事。

路地裏で見つけた小窓。
こういうの、メッチャいぃよなぁ。
加工品じぁなくて、
経年劣化の賜物。
ハートでさえ渋く変貌します。

病院の跡地の
メインの観光スポット。
病院のわりにはえらく派手な屋根。

中には今でも当時の
調剤の痕跡が、、、。
油絵のオイルを彷彿するのは
自分だけでしょうか、、、(笑)。
枯れた。
数日前に枯れだしたヒマワリ。
これを被写体として『枯れ』を
表現してみまーす☆

まだまだ元気を感じる花びらの色。
真理が伝わり切ってない感じ。

モノクロにしてみました。
だいぶイメージに近い。
あと少しギリギリ感がほしい、、。

ほぼイメージ通りにできました。
輪郭(シルエット)が面白いでしょ。

何が難しいって自宅で背景を
単色にするってかなり大変。
ライティングは電気だし((笑))

何だか非常に不健康な
感じがして来ましたので
そろそろ寝ます☆

これは絵を描きます。(予定、、、)
カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析