忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オペラ座
今回初めてオペラ座の中で
バレエを観賞しました。
バレエは綺麗でした。
そして驚いたのはその建物の内側。

豪華絢爛とはこういう事ですね。

天井のシャガールは合ってるのか?
まあ、良い記念にはなりました。

帰るころには大混雑。

だいぶ寝ました(笑)。


PR
ブルターニュ
完成しました。
完成としてしまいました(笑)。

キャンバスはたるんでますが(笑)
ストロークとグラデーションで
表現するという目的と
とにかく狙わず描きたいように描く、
それだけのつもりだったので
まぁ気持ちよくかけました。
あまりディテールを追わない
こんなニュアンスな絵もたまには
いいか、と。

それにしても、汚い額やな…(笑)

キャンバス
最近キャンバスを張る時に
失敗する事がしばしば。
本来の木枠では無く自作の木枠で
やってるという事と十分な
広さが無い事が原因か…。

下地の時に既にキャンバスの
たるみが気になっていましたが
『いや、だいじょぶだ!』
KAzのいつの癖、何な根拠もない
自信を元に、そのまま
海の絵を描いていきましたが…

あたりまえですが
そのたるみは解消されず…(笑)

んー、もう少し
工夫をしないだめだなぁ…。


実は次にも…
悩みは実は次にもあったのです。
フランスにいる間にどうしても
仕上げたいこの作品。
臭くないように、だけども
真正面から伝えるありのママ。
モチーフがモチーフだけにこれが結構難しかったりします。

以前紹介させて頂いたエッフェル塔、
そうです、まだ葛藤してるのです(涙)。

今夜は思い切ってディテールや
法則を捨て
イメージからくる思い込みの一手を
入れてみました。
(しかも取り返しのつかないくらい!)笑

まぁ、これくらいの勢いや
思い切りが無いと永遠に吹っ切れないような気がしたので良かったのかもしれません。
構築の前の破壊。
この先、自由に描けますように。
表面加工
またか?!
と思われるかもしれませんが
どうかお付き合い下さい。
少し前の海の絵。
一応、額装する事に決めたのですが
=保存する という事になり
作品には長期保存に適する塗膜を
施す必要があります。
まずは、光沢かそうじゃないかでの選択。
光沢は色合いが発色する反面、
反射する事になりライティングが
難しくなるのですが、
今回の作品は空に限りなく日日常感を与えたかった為に、強い光沢感を
与える事にしました。

それもかなり強い光沢にしました。
イメージはビニールコートに
近い感じです。
こういうのも作家の趣向というか
作品に与えるセンスの一旦なので
相当に気を張ります。
変なことを言うようですが
失敗が出来ないぶん、作品そのものに手を加えるよりも緊張しました。

問題はこの大きさ。
大き過ぎたかな?





サンマロも完成

今一つの感覚が抜けなかったサンマロの海もとうとう完成しました。
冬時間が近づき日照時間が少ない為
土日以外は なかなか作品に向き合う時間も取れなかったのもありましたが、そもそもの違和感は波打ち際の角度でした。
随分と時間がかかりました。
ココまで縦長の作品は初めてだったので画面の中の構図に囚われすぎて逆におかしくなってた気がします。
あとは海の色。
天気が悪いのに妙に碧かった海。
狙えば狙うほど違和感がでる。
元々の風景が違和感があったので
必然と言えば必然ですが。
今の自分にはここまでか、という感じです。
また、描こうと思います。

ロダンの手
またまた別な仕事で
パリにある日本文化会館に
行ってまいりました。
そこにあったのがこれ!

(自分の理解が正しければ!)
川端康成が個人で収蔵されていた
ロダンの手の彫刻!
なんで?どうして?は無し(笑)。
一応、真面目なお話で行ってきたので、あくまで、
『そんくらい、知ってますよ』の
顔して帰ってきたので。(笑)

それにしても、これだけの表現なのに迫力がある。そして残念ですが魅力は手のひらの方、なんです。(笑)

瀬戸内海


今回はとある用事でここに出かけたのですが、通り掛かりに目に掛かったのは…。

安藤忠雄さんの特別展。
というか、瀬戸内海計画の紹介展
が行われていました。
http://www.benesse-artsite.jp/en/

興味のある方は是非!

しかし、港町にあるカボチャは
魚もビックリするやろな…。


んー、これで良いのか。
時間をかけたり、空けたりしていた
この波の絵。なんだか、スッキリ
しませんが、次に進もうかと。
まぁ、天気そのものがスッキリしない絵なので、それもいいのか?と
無理な自己暗示をかけているような。
これから、この手前に防波堤を
描いていきます。
モチーフが増えれば視点が分散され
違和感を軽減される可能性が高い
事もわかっては、いるのですが
果たして、そんなのに逃げていいのか?と言う疑問が残っていたので
ここまでの時間が…。
完成に向けて筆を進めていきます。
決まらない。
かれこれ二週間近く。
海の色に悩んでます。

おそらく、空はもう変えません。
なんとなくだけど思っていた
空に近いのでこのままで行こうと思います。
ただ、曇りなのに妙に明るかった
あの海の色がなかなか決まらない。
同じような絵の具を使ってるはずなのに
毎日、毎日のように違うように
発色する。酔ってるのか?とも思いますがそれは、シラフでも同じ。

今は、真夜中。
今日もうまく行かず
少し描いただけで止めました。
風呂に入ってリラックス。
(寝てるだけですが)
少し休んで明日また
描いてみようかな。

そのうち、他の額縁と一緒に
片付けられたこんな絵にならないように…。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析