忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイク
久々に出かけてきました。
午前中は、用事があったので、そこまでバイクで
出かけました。といっても100km以上はありましたが。
天気も良くて、なかなかのツーリング日和でした。
ここ最近、移植したフェンダーの調子が悪く
修復に出していました。バイクの振動に対して、あまりにもフェンダーの
距離が長すぎて、フェンダーにひびが入ってきてしまいました。

すでにフェンダー内側に
沿ってつけられているステーをもっとケツまで溶接し伸ばしてもらい、
その伸ばしたステーと共締めで本体から別だしのステンのパイプを
留めました。
両側で見るとこんな感じですね。
200kmほど走りましたが、今の所、大丈夫そうです。
が、すでに入っているひびがあるので、また今年も秋から
冬にかけて、『パーツを買って自家塗装』の年越しになりそうです。
もっと早くに修復すればいいんですけね。
『乗る』事そのものへの気持は抑えられず、、です。



その後は、SR先輩と待ち合わせをしていたので、
しばし休憩、昼寝をしていました。
しばらくすると、工事現場のような爆音がしてきたので
すぐにわかりました。相変わらずいい音してます。
マフラーのどこかに穴があいているらしく、
でかい音が混ざっています。かなり渋いこの子は

要らないパーツ(はないと思いますが、なくても大丈夫なもの)は
すべて排除していき、軽くしたそうです。いやぁ渋い。
何か無いのがわかりますかね。

そうです、バッテリーありません。笑
向こう側が見えます。
以前、自分が乗ってたビラ―ゴはキーがありませんでしたが
バッテリーがないのも不思議です。
山道のカーブで100kmオーバーの入ってくるこのSR、
ボアアップして今では600cc近くあり直線では160kmは出るそうです。
まぁ、アメリカンでは考えられない世界ですね。


そんなスピードに慣れている先輩も、昨日久々にトライクに
乗ってみましたが、、、、。
カーブが恐ろしいらしく、10kmくらいで曲がったよ、とコメント。
デフがついていないのでとにかく腕力が必要なので
慣れるまでは疲れるかもしれませんね。
恐ろしいの内容がだいぶちがうとは思いますが、100km以上で
山道まがっていく行く方が怖いのではないかと思います。笑
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析