忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Action②
大分県竹田市から南阿蘇までは、車で約40分。
様々なニーズと場所に合わせて、人員が割り振られます。
この日は、倒れかけたブロック塀の破壊とその撤去。

御依頼主の御宅は未だ、顕在ではありますが、いつ、壊れるかわからない状況でした。しかし、御自分の家よりも、そこを通りかかる方々の安全が優先という事で、このブロック塀を全て撤去する御依頼をされたのだそう。先が見えないこの状況から、心の苦悩が感じられます。
作業終了後、少しお話しをお伺いする事ができたのですが、最後の最後に、大粒の涙をこぼされた時には思わずこちらまで、となりそうでしたが、今日よりもこれからの一歩が大切ですからね、と会話を交わし、御宅を去りました。
撤去した瓦礫等は、南阿蘇にある集積所に運びます。
瓦礫の山は、被害の大きさを悲しさを伝えるのに十分すぎる重みを与えました。

その後、南阿蘇ボランティアセンターに戻った後、
時間を使い、話を伺いました。必要なモノがなかなか追いつかず、作業を中断せざるを得ない事もあると言います。ここで必要だったのは、まずは、UV加工した土嚢(どのう)袋でした。
瓦が落ちてしまった屋根にブルーシートを張りますが、それを抑える為の土嚢袋が必要なのですが、直射日光を浴びるために、劣化を抑えるためにもUV加工しているものが必要との事。
近所のホームセンターに行き、70,000円分の土嚢袋を買いました。
そんなに在庫がありません、と言われたので、足りない分は、発注し、南阿蘇に届くよう手配をしておきました。

土嚢袋と、瓦礫を運ぶためのコンテナ。
これも現地に行ってみなさんにお話し聞かなければわからない物資でした。
現地で活躍される方は本当に、毎日一生懸命でした。
全ての事に真剣に向き合い、真剣に毎日を過ごす、彼らでした。
これからも応援しています。

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析