忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レタッチ
プレゼンに使う資料で
ハンマートーンのイメージが
必要でした。しかも背景が
黒のモノが欲しかったのですが
見つからず、背景の黒は
自分で塗ってみました。

んー、落ち着きはしましたが
今ひとつ、輝き感というか
ゴージャスさにかけます。
そこで思いついたのは
デザイナーのオネーチャン。
確か、面接の時に
フォトショップ(写真加工ソフト)が
得意って言ったような。。。
早速、呼んでインプットする事
1分。しかも英語で。(笑)
ゴージャスにして!
ブリンブリンにして頂戴!
そんな程度です。
そして、出来上がったのはこれ!

もうオネーチャン最高!!!
デザイナーって凄いのね!!!
このギンギラの感じが
シニアうけしそうでいいわねー。


と、いう事で彼女と
彼女のインストラクターを連れて
そのまま寿しを食べに行きました。(笑)






PR
今日も眼鏡の絵!
今日も絵を描く仕事をしました!(笑)
今日はMen's !
この二日ほど、
デザイナーっぽい仕事を
していました。
もはや、誰もデザイナーとは
思っていませんが。。。



Men's の Double Bridge の
プレゼンスケッチがを
こんな見せ方でいいのかどうか
わかりませんが(笑)
まぁ、これでいってみよ!
という、感じです。

メガネのブログらしく
なってきました。(笑)


Effect
先日、Bordeauxでの商品会議では
人のご機嫌を伺い、人を立てた為
全てが中途半端で燦々たる結果に
終わりました。
時は早いもので、あれから数ヶ月。
気が付けば今年12月に予定される
商品会議の準備期間になりました。
フランス語が喋れないからとか、
日本人だからなんて事はもう
気にせず、公開が残らないよう
思っただけ、全力で、人を使わず
自分自身でプレゼンを作り始めました。
Classicの商品は、どうしても
見せ方が難しく御託を並べても
ワォ!となりません。
たとえそれが必要とされている
デザインでも、んー、まー、等と
言う反応が常日頃。
今回はたーだ写真を見せるだけじゃ無く、デッサンから移り変わる
Effectを使ってみることにしました。


まずは商品紹介からなので。
少し時間をかけて
丁寧に作ってきます。

うまく行きますように!!!




身代り?!
珍しい事が起こりました。
恐らく初めてだと思います。
突然、レンズが割れました。
眼鏡を外そうとした
ふとした時にレンズが。。。

もしかすると、
自分の身代わりになって
何かを教えてくれたのかも!?

YUのデザインで
ある思いを込めて
青いターコイズを
モチーフに選んだ事がありました。
そんな事を思い出しました。

素敵な願いや深い思いは
祈りに変わるような気がしますね。
今日まで過ごせてる事に感謝!
何事も無く暮らせてる今夜に感謝!





French Design
あるブランドの企画提案として
ミラノとパリのデザイナー全員に
お題目を渡し、コンペを行いました。

その結果を出す為に
当然、Designers SignはBehindで
パリでも
デザインの順位採点を実行しました。

採点の方法と基準だけを伝え
うちの女の子に任せたので
KAzは自分のデスクから眺めているだけ。黙って聞いてると
-良いんだけど、髪の毛挟まりそう
-好きなんだけど、高そう
等、先読みしすぎる意見が
かなり面白かったです。
今回、協力してくれたのは
企画やデザインに関係の無い人達
約20人でした!
ありがとうございまーす!

結果、1位、2位、3位とも
フランスデザイナーが
選ばれました!
幸い、KAzもそこにランクイン。
あぶねーあぶねー。(笑)



泡沫のEE22916
YUとの夜もあっという間の最後。
なかなか仕事が落ち着かずYUも
自分もついつい会話が今の、そして
これからの課題に終始していましたがYUが掛けていたフレームをきっかけに、以前の開発の思い出へとその話題が変わりました。
それがこのフレーム。

EE22916をお使い頂いている
お客様であればお分かりかと思いますがオリジナルは天然のアゲートが入っております。大変ご好評を頂いたこのモデルの次なる進化版として開発視野に入れていたのが、《Wood》でした。写真、お分かりになるでしょうか?
このErosでも多くの他社含め、検証を進めてきました。カル○◯。の木は南アフ◯◯の木を使っている為、日本との湿度が合わない可能性があるとか、防腐として木そのモノに樹脂を浸透させる事が出来ないか、洗浄出来るか?等。
とにかく、研究はしてきましたが
最終的な判断は、その当時、EE22916を
掛けていた温泉好きのYUのフレームを改造しWoodをはめ込み、
何度目の温泉で取れるのか?!との
実演結果に委ねるでした。(笑)


結局はWoodそのモノのカラーバリエーションが乏しく、採用はされませんでしたが未だにWoodは取れず
使えてる事に改めて驚きました。
思えば、贅沢で、楽しく、恵まれた環境で商品開発をさせてもらっていたんだなぁと、今更ながら感慨に耽る時間を過ごしました。





さてさて。
変なところで、間があくと、と
思いながらもなかなか更新が
出来ませんでした。
ここ最近、色々あり
(命に別状なし!ですが)
心身ともに
なかなか元気になれず
先週の金曜日、休みを取りました。
(健康診断とも関係無し!)

なにか緊急が無いかと、金曜の朝に
一瞬だけメールの確認の為、
起きましたが、その数分以外の
木曜の夜から土曜日まで
寝続けました。
こんなに長時間寝たのは、
事故以来でした。
と言っても、事故の時どれ位
寝てたのか記憶がありませんが。。

休みあけて、
もー元気になったぁ!っと
言いたいところですが、
やっぱり今夜、
月曜の夜にはもうヘトヘト。
疲れてしまうのは良いんだけど
何だか健全な疲れ方じゃ
全然ないんだよなぁ、、、。


暗礁に乗り上げるって感じか。



うまく行かないかなぁ。。。









図面
zumen.jpg先週からずっと描きつづけてきた図面の準備がやっと終わりました。土日も旅行中もずっとデザイン図面を描いてきたので頭の中がおかしくなりそうでした。久々にたくさん図面を描いたので手首もカキコキ言ってましたが、やっと今朝、早朝に出力して完成。この時はまだ朝の7時でした。さすがにめっちゃ寒かったのですが、、、頑張ったおかげで、今日の会議は大成功。図面が多すぎる!と言われてしまうかな、と思ったのですが、会議に参加してくれた営業マンも大喜び。総点58枚。選ぶのが困る!と喜んでくれました。あの喜んでる顔みると、やっぱり、デザインしててよかったなぁ~と素直に喜ぶことができ、今はすでに脱力モードです。まぁ、そうも言ってられず、明日からは、これらのイメージをもとに選んだ図面を工場に送る準備です。製造方法を頭の中にいれて、コストを考えながら、どんなふうに作るかという半分設計の図面に近い範囲にまで及ぶ最終の作図、です。これまでしてきたデザインとはちょいと違うニュアンスになってきます。しかも今週中、、、。終わるかどうかわからないけど、やらなあかんので、なんとか乗り切ります。 今晩は、これで切り上げて、超ミニサイズの打ち上げをしようと思います。一人で。(笑)



【アウトレイジビヨンド】-(加瀬亮さん)
既にご存知の方もすでにおられますが現在、公開中、北野たけし監督の
アウトレイジビヨンドご出演、
加瀬亮さんがEROSのEE22930を
カラーレンズに替えサングラス仕様にし、同作品のなかで
着用されてます。

http://wwws.warnerbros.co.jp/outrage2/

ホントに名誉であり有難いです事ですね。
久しぶりのEROSのネタですが
あまりにでかいニュースなので
ちょと控えめにご報告してみました。

KAz




メガネの絵
ここ数日、人からの依頼の仕事で
振り回されてたまたしても自分の
仕事が出来ていませんでした。
しかも昨夜はまたしても発熱吐気で
ダウン。いい加減に治ってくれ...

でしたが、バファリン5錠がよく
聞いて(怖い!(笑)手足も冷たく
元気よくメガネの絵を描く事が
出来ました。気付けばパリに来て
ジックリ自分の時間を自分の
スケッチだけに使った記憶が
ありませんでした。
チョットバランスというか、
パースがオカシイですな...
真剣なのにコミカルな印象が
残ります。(笑)
明日から、もう少し頑張って
デザインします!
バファリン6錠!




カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析