忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正論が最良、とは限らない
みんな、仕事をしていく中で
それぞれの思いや理想、目標。
それに加えて、時の経過と比例して、
責任や結果を問われていくると思います。
その比例とまた一致しているのが、
真剣さ、かと思ってました。

その真剣には、ミスを犯さない、犯したらすぐに修正、
そもそも犯す前に犯したらどうするか、考えておく。
部外から聞かれたら、チーム全員が同じ返答を出来る事が重要。
周囲の協力に際しての苦労は最小限にして、かつなるべく巻き込んで
協力してもらい、結果を迅速に、最大限に出す。
自分だけでなく、チーム全体の中で、報告ができて、
全員が同じ方向を向いて、最後に向かっての道筋にのみ、
意見をぶつけ、感情的になり、情緒的になり、ひとつひとつ
衝突しながら、理解しながら、
進んでいくのがチームだと思ってました。

ここ一週間、とても悩みました。
同じチームで、各業務の報告が無い、
のりで決めちゃう、のりで進めちゃうメンバーに対し、悩みました。
(ここでいうのは、
EROSチームではなく、
KAzが担当する別の仕事のチーム。)

自分のこの価値観、やり方、考え方とは異なる進め方に違和感を感じ
飯を食いながら、風呂に入りながら、寝る直前まで考えてました。
ビジネスの中で勢いや、ノリ、ファッションも必要な場合が
ありますが、それはあくまでモーション。
ノリやちゃらちゃらした格好の裏には冷静さと、狙いが無くては
いけないし、『完全なノリ』は悪ノリで、ただの無責任かと思います。
低レベルな表現をすれば、自分には許されない、とまで考えました。
なぜなら、そこには、自分の結果を求められて、かつ責任もあるから。
最小限で最大限の結果を生むために、間違っている事は言ってないか、
わがままなと、自分の手段を履き違えてないか。
いろんな事を確認して、決断したのはきちんといわなくちゃ、でした。

でも相手は自分より、ふたまわり近いKAzの周囲のほとんどの人の
先輩とされている人。こりゃぁ普通、楯つかないよね、って人。

いろいろ悩んだけど、でも、やっぱり伝えなあかんかな、って事で
言いました。でも、その中で一旦理解してくれたと思ってたのに、
理解されていない部分や、納得したはずなのに、これは例外、みたいな
事を言われて、もう、話す気も無くなりました。
例外があるなら、今後、すべて例外にすれば良いじゃん。
これは例外で済むなら、毎回例外になるし、そうなれば秩序も
へったくれもないし、個人商店でやってろよ、みたいな。
そういうのをアナーキーっていうじゃ無いの?と。

か・な・り、白熱した会話だったので、
先輩にも聞かれていたようで。(ここで登場)
今日の、夕方、KAzの発言に対して、
ビリヤードで全然KAZに勝てない先輩が教えてくれました。

お前の言ってる事、間違えてない。
ただ、ちょっと、相手がかわいそうだよな。
物事、正しいとか、正しく無いとかで判断できない事もある。
お前がいう、組織の中で最小限で最大限の結果を出す事も必要。
だけど、それを動かしてるのは血の通った人間だって事を、忘れるな。
おれが心配してるのは、お前の為にならないって事。
間違ってる事は言ってないけど、裸の王様にならないように、
もっともっと考えて、会話をしろ。
この世の中、正論だけが合ってるはかぎらねーだろ。
よく考えてみな。

と。ショックでしたねーーーーーー!!!!!笑
これだけ、考えてるのに、家でも飲み会でもずっとずっと
考えて、出した答え、間違ってないけど、間違ってる!みたいな
事を言われて、涙が出そうでした。




だけど、きっと、涙がでそうなのは、悔しいからなんですね。
でも、悔しい=痛いところを突かれた=自分に足りないところ。
んーーーーーきっとそうなんだと思います。
そりゃ、人を仕事してるし、そういう事も必要なんだな、って
言葉ではわかってたつもりでした。
でもその人にはいろんな気持ちや方針、やり方、価値観があって、
みんな違うんだな、って。人によっては自分とやり方が違う人もいる。

べーつに報告なんてしなくてもいーわ。
お前に関係ないから、情報出さなくてもいーわ。
問題な話だし、いつでもいいと思ったら忘れてもーたわ。

こんな風に考えるやつはKAzには同じチームの人間としては
対応無理でした。
でもその人なりの長年の経験、やり方があり、ここまで来ている。
それをすべて受け入れたうえで、進めていく事こそが大切なんだと
教えてくれました。
言ってる事が正しいとか、正しくないとかじゃ無くて。
正論が最良ではないという事。


くさりをぐるぐる巻いたげんこつで
頭をぶん殴られた気分でした。
鼻の奥の方で血の匂いがするあの感じ。

ショックだったけど、
おれにそんな事言ってくれる先輩。
おれが落ち込むような事を言ってくれる先輩。
何をいったらおれが落ち込むかをわかってる先輩。

ちょっと毛深いけど、本当に大切な人だな、って思いました。
ビリヤードが下手なので、かっこわるいのですが、
今日は、ちょっとだけかっこいいと思いました。
おれの事を怒ってくれる数人の中のひとり、先輩。
ありがとうございました。

正論だけが最良じゃない。


わかりました。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析