忍者ブログ
EROSというのは、ギリシャ神話の愛の神『キューピッド』のギリシャ語です。かけたときに、人を魅了できるような、魅力のあるデザインを心掛ける眼鏡ブランドになるように願いを込めたブランドネームです。ここでは、EROSのデザイナーとして、仕事の内容はもちろん、   プライベートについても綴っていきます。EROSオフィシャルサイト→http://eros-eyewear.com
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新ディスプレイ完成!?
いつもお世話になっております。
皆さまのおかげで、EROSの今年もいよいよ師走。
本当にありがとうございました。
その感謝の意味も込めて、
お店様方々に新しいディスプレイをご提案したいと、
勝手に思います!
70b14de4.JPGEROSでは、そのコレクションを大きく大別しています。仕事でも使えるような、クールでシャープなイメージのビジネスモデル。もう1つは、お仕事でクリエイティブ系、または、仕事を離れて、プライベートで時間を楽しむ為の眼鏡、プライベートモデルです。それらをわかりやすく、陳列する為のディスプレイです。この写真にあるのが、全体像ですが、真ん中、人物POPを中心に、左右で二分化されています。向かいまして左側がプライベートモデル。その反対、右側がビジネスモデルのカテゴリー、商品群になります。このような陳列方法をする事によって、お店にいらしたお客様は、瞬時に、ご自分のほしい、必要なカテゴリーのフレームを探す事ができ、とても見やすいディスプレイになります。
d5720774.JPGまずは、プライベートフレームコーナーからのご案内です。上に記したように、どちらかというと、クリエイティブ系のお仕事、もしくは、プライベートでかけられるようなフレームのご提案なので、そういったイラストをビジュアル化しました。簡単ではありますが、輪郭補正のような参考のイラストも明記していまこのビジュアルをご覧いただければ一目瞭然、堅いお仕事ではなさそうなイメージですよね。これは、KAzが描いた、神戸でDJやっちゃってるか・な・りイケテル方がイメージのイラストです。ここに並べるのはとにかく楽しく、物語が生きているモデルを並べて欲しいと思うのです。ef93f2c4.JPG
このプライベートの商品群の中に、ミニスタンドをいくつかご用意しています。その中でもご好評頂いているのが、『コンパ用にはこれ』というプレートです。実際にコンパに使われるかどうかは、お客様によるとは思いますが、その石は何?なんで片方にしか付いてないの?と聞かれた、との数多くのご意見を頂きました。聞かれたときに、すっとその理由や石の持つパワーまで説明できると、会話の転換や、その後の会話のきっかけになりますよね。そういう意味も込めて、コンパ用としています。また、店頭でお客様になんで?と販売スタッフの方々との会話の糸口にもなると思います。ストーリーを語る為のモデルなので、語りながら、目を見ながら、その会話に引き込んで下さい。どんな会話かは、EROS公式WEBサイトをご参照ください。(品番:EE22916)

1b1b6fa6.JPGそして、こちら、向かって右側の白っぽいほうのがビジネスモデルのコーナーです。こちらは、クリーンで、シャープなイメージのカテゴリーで、ビシっとした感じのお仕事向きのエリアです。もしくは、家族で来られたお客様、初めて眼鏡を作られるお客様用のエリアにしていただければ幸いですね。



c0fe2604.JPGこちらのプレートはプレゼンモデルと題しています。何がどうプレゼンなのか。この秘密を知りたい方は、EROS公式WEBサイトご参照ください。(品番:22921)チタンの削りだしで極限まで追い込んだ細かい面の集合体が、目元キラキラと光る洗練さと色気を与えてくれます。プレゼンでかけるときっとスマートに、かっこよくかけられるのではないでしょうか。このモデルもとても嬉しいご意見を頂いております。0843d3a2.JPG
続いてこちらは、同じサイズのA9サイズのPOPですが、内容を変えてブランド紹介に使っております。EROSといっても、まだまだご存知でないお客様や、呼ぶのに気恥ずかしいお客様もいらっしゃるとの事。そこで、なんでEROSなのか、EROSとは何かを改めてご紹介しております。より深くご自分の買われるブランドを知る、イメージするという事は大切な事だと思いますので、作ってみました。1ee746bc.JPG
そして、おこがましいのですが、デザイナー紹介です。『KAz』って、お前は誰だ?と思われる方はもっとたくさんいらっしゃると思いますし、せっかく買ってくださるお客様にご挨拶をするのも大切な事かと思います。どんな思いでフレームのデザインをしているかが、少しでも伝わればいいなと思います。
これら、A9のミニスタンドですが、まだまだたくさん使い方はあると思います。コンパにはこれ、プレゼンにはこれ、の他に、飲みにいくならこれ、休日にはこれ、等お店で皆様でその内容を考えてくださるようになれば、きっと成功ですね。それがきっかけでお店の中でも話が盛り上がってくれる事を願います。3c7ddb2c.JPG
最後ですが、これは真ん中にある平台&人物POPです。平台は結構、大きいので、フェイスを大きく展開してくださるお客様へという形になるのかもしれませんが、そのお店お店の中で販売強化をされているモデルを陳列されるのも面白いかと思います。お店の中では、『KAzのお薦めはこれ!』、と銘打って、この平台に並べてくださっているお客様もいらっしゃいます。(感謝!) また、その背後にある人物POPですが、来年にかけてもSS、AW ごとにイメージビジュアルの撮影をしていく予定です。撮影した人物ビジュアル、写真等などは、随時、営業マンから各お店様へデータその他の媒体で配信される事になります。シーズンごとにそのビジュアルが更新されていく事でお店様の店頭で常にビジュアルが新しくかわる、変化しているという印象を与え、フレッシュな状態を保つ事ができるのでは無いでしょうか。いろいろ書いてしまい、恐縮ですが、また、EROSを宜しくお願い致します!☆
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

最新コメント

[12/10 hama]
[09/09 yoo]
最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
KAz
HP:
性別:
男性
自己紹介:
EROSというのは、眼鏡のブランドです。
主にメンズブランドですが、女性にもかけられるようなデザインとサイズを意識したモデルもあります。
眼鏡、アイウェアーというと、どうしても
モノよりな見方をしがちですが、
一番大切なのはかける人です。
かける人がよりよく見える眼鏡。
そして、その眼鏡をはずして素顔を見たいを思わせる眼鏡、そんな眼鏡を作りたいと思います。
かける、魅せる、素顔を気にさせる、
取ったときの意外性や、感動を与える。
そんな眼鏡ができるといいですね。
なにしろ主役はかける人ですから。

今後は仕事の内容はもちろんですが、それ以外のプライベートな情報も載せていければと思いますので、
皆様宜しくお願いします。
バーコード

アーカイブ

最古記事

(10/15)
カウンター

アクセス解析